VEC緊急セミナー「今、ミャンマーに何が起っているのか」開催

2月23日(火)、VEC緊急セミナー「今、ミャンマーに何が起っているのか」を開催しました。

セミナーでは、まず第1部で、ビルマ研究家でフリージャーナリストの田辺寿夫氏が、ミャンマーでクーデターが起こった歴史的背景について話しました。続いて、ミャンマーのヤンゴンから2人、シャン州から1人が、現地の様子についてリポートしてくれました。

第2部では在日ミャンマー人への影響を人見泰弘氏(武蔵大学)が、在日ミャンマー人の想いをチョウチョウソー氏が熱く語りました。

今回200名を超す皆さまにお申込みをいただき、多くの皆さまが関心を持ってくださっていることに感謝しております。まだまだミャンマーのクーデターはどのような展開になるのか分かりませんが、私たちが出来ることを続けていきます。

第2弾も検討中です。早々に定員達したため、ご参加いただけなかった皆さまには 深くお詫び申し上げます。そして、ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。