規約

VILLA EDUCATION CENTER 規約

(名称)

第1条 この会は,「VILLA EDUCATION CENTER」(通称VEC)と称する。

(事務所)

第2条 この会の事務所は,東京都豊島区高田3-8-5セントラルワセダ101に置く。

(目的)

第3条 この会は,ミャンマー出身者を中心とした在留外国人の日本語支援活動、生活支援活動および、日本語教育に携わる人材の育成を行うことを目的とする。

(活動・事業の種類)

第4条 この会は,前条の目的を達成するために次の事業を実施する。

⑴ 日本語を用いた相互学習活動

⑵ 日本語能力試験、各種資格試験等サポート

⑶ 地域日本語教育・難民に対する日本語教育に携わる人材の養成

⑷ 各種申請書類記入や生活支援サポート

⑸ ミャンマーの公教育に対する支援プロジェクト

⑹ 多文化共生に関連する啓蒙・普及活動

(会員)

第5条 この会の会員は,次の3種類とする。

⑴ 正会員は,この会の目的に賛同し入会した者とする。

⑵ 学生会員は、この会の目的に賛同し入会した学生とする。

⑶ 賛助会員は,この会の事業を賛助するために入会した者とする。

(入会)

第6条 会員として入会しようとする者は、会員1名の紹介により入会を申し込み、入会申込書を事務局へ提出した上で、代表理事ならびに副代表理事の承認を得るものとする。

(会費)

第7条 会員は,年度ごとに以下に定める会費を納入しなければならない。

⑴ 正会員  5,000円

⑵ 学生会員 2,000円 

⑶ 賛助会員    3,000円(1口)

2 既納の会費は理由を問わずこれを返還しない。

(退会)

第8条 退会しようとする者は、その意向を文書で事務局に提出し、任意に退会することができる。

2 会員が,次の各号のいずれかに該当するときは,退会したものとみなす。

⑴ 本人が死亡したとき。

⑵ 会費を1年以上納入しないとき。

(役員)

第9条 この会に次の役員を置く。

(1) 代表理事  1名

(2) 副代表理事 1名

(3) 常任理事  2名から4名

(4) 監査役   1名

2 第1項に定める役員は,会員の互選により選出する。

3 役員の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

(職務)

第10条 代表理事は,この会を代表し,その業務を統括する。

2 副代表理事は,代表理事を補佐し,これに事故あるとき,又は欠席の時は,その職務を代行する。

3 常任理事は、会の業務を執行する。

4 監査役は,会の業務および財産の状況を監査する。

(解任)

第11条 役員が次の各号のいずれかに該当するときは,総会の議決により,これを解任することができる。

(1) 心身の故障により,職務の執行に堪えられないと認められるとき。

(2) 職務上の義務違反,その他役員としてふさわしくない行為があったとき。

(総会)

第12条 この会の総会は,正会員と学生会員を持って構成し,年に1回開催するものとする。ただし,必要があるときは臨時に開催できるものとする。

2 総会は,以下の事項について議決する。

(1) 規約、事業等の変更

(2) 解散

(3) 事業計画及び収支予算並びにその変更

(4) 事業報告及び収支決算

(5) 理事の選任又は解任

(6) その他会の運営に関する重要事項

3 総会は,正会員、学生会員の過半数の出席がなければ,開会することができない。

総会への出席とは、本人出席、書面出席、委任出席とする。

4 総会の議事は,出席した正会員と学生会員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(議事録)

第13条 総会の議事については,議事録を作成する。

(理事会)

第14条 理事会は理事をもって構成する。

2 理事会は,総会の議決した事項の執行に関する事項及びその他総会の議決を要しない業務の

執行に関し,議決する。

(事業報告書及び決算)

第15条 代表理事は,毎事業年度終了後4か月以内に事業報告書,収支計算書を作成し,監査を経て

総会の承認を得なければならない。

(事業年度)

第16条 この会の事業年度は,毎年4月1日に始まり,翌年3月31日に終わる。

(事務局)

第17 条 この会の事務を処理するため,事務局を置く。事務局長は代表理事が会員の中から委嘱することとする。

(委任)

第18条 この規約に定めのない事項は,総会の議決を経て,代表理事が別に定める。

(変更)

第19条 この規約は,総会において,出席者の過半数の承認がなければ変更できない。

附 則

この規約は,「VILLA EDUCATION CENTER」の設立総会の承認を経て、2020年8月26日から施行する。



  2020年度 

事業計画書

▼組織体制 

Ⅰ 組織概要

(1)総会 年1度、組織の事業計画を吟味し、決議する。

(2)理事会 総会によって選任された役員(理事・監査役)によって構成される。活動上必要な意思  決定の議題の取りまとめを行う。また、監査役は役員の業務執行の状況監査及び組織の財産の監査を行う。

   (3)事務局       事務局内の事務作業担当として設置。総務機能を事務局が兼ね備える。

    (4)  運営スタッフミーティング   会員によって構成される。各プロジェクトの遂行のために、民主的な意思決定を行い、それを実行する。 

Ⅱ 会員制度

正会員

団体理念に賛同し、運営に参画する会員。総会での議決権を持る。理事会を構成するメンバーも正会員より選出される。  会費 5,000円

学生会員

団体理念に賛同し、運営に参画する学生とする。総会での議決権を持つ。会費 2,000円    

賛助会員

団体の理念に賛同し、組織を資金面でサポートする会員とする。総会での議決権は持たない。

会費(一口)3,000円    

Ⅲ 組織詳細

【理事会】

1.役員メンバー 

代表理事  松尾慎 東京女子大学教授

副代表理事 チョウチョウソー 株式会社ブライト 代表取締役

常任理事  小瀧雅子 公益社団法人国際日本語普及協会理事

常任理事  人見泰弘 武蔵大学准教授

常任理事  三代純平 武蔵野美術大学准教授

監査役   加藤丈太郎 早稲田大学 研究助手

2.活動方針

理事会は、事業展開していくにあたっての議題や、方向性を見出すなど、今後の活動等への提案事項を吟味し、資料を作成する。また、これらを会員に示し、各活動が円滑に行われるようにする。

また、監査役に対して報告書を提出し、日々の業務監査のための資料を提供する。総会に対しては事業計画・報告、収支予算・報告などの資料を提出する。今後、法人格を取得する場合は所轄庁に提出する書類、また助成金などの申請書類を作成する。

3.任期

2020年9月1日~2022年8月31日まで。任期は2年。但し、再任は妨げない。

▼事業計画

2020年度【2020年9月1日~2021年3月31日】

Ⅰ 2020年度方針

【事業の重点項目】

1. 各プロジェクトにおいて、ミャンマー出身者のニーズを踏まえた支援活動を展開していく。

2. 日本語教育に携わる人材の育成を行う。

3. 関連団体や地域との連携を深め、広くVECの活動理念を広めていく。

4. 活動を通して、事業の捉えなおし、各事業の方向性、課題を明確化する。

【組織運営の重点項目】

1. 既存事業の安定した人材確保。新規事業を視野に入れたスタッフの強化。

2. 助成金確保の体制づくり。


Ⅱ 各事業の内容

1.日本語支援活動・地域日本語教育人材養活動名称: VEC 日本語活動

 ➀実施体制: 松尾慎 五嶋友香 佐々木彩乃 鍾嘉蔚 謝霄然 楢原ゆかり 西村愛 

                                 矢部紬 吉村洋子 ほか 

 ②実施予定期間: 2020年9月~2021年3月 毎週日曜日10時~12時

 ③活動場所: 東京都豊島区高田3-9-9 ケヤキハウス1F

 ④目的:より公正な社会づくりを目指した「相互学習」場として、ミャンマー出身者の参加者 

     と日本語を使用しながら様々な話題について学び合う活動を展開する。

     また日本語教育に携わる人材育成として、日本語教育・多文化共生に関心のある学生な

     どの活動を広く受け入れる。

 ⑤今年度目標:幅広い話題を提供し、相互に理解を深め合いながら社会参加への一助となる活動

     を目指す。

   <運営面> ミャンマー出身者へ活動の周知活動を行い、参加者を募る。

         ファシリテーターの安定した確保。

          安心して活動が行えるようなコロナウイルス感染防止対策。       

 ➅目標延べ参加人数: 50人


2.日本語能力試験・各種資格試験対策教室

活動名称: VEC 日本語教室

実施体制: 𠮷村洋子 チョウチョウソー 松尾慎  ほか

実施予定期間: 2020年9月~2021年3月 毎週日曜日13時30分~15時

活動場所: 東京都豊島区高田3-9-9 ケヤキハウス1F

目的: ミャンマー出身者の生活向上のため、ニーズに合わせた支援活動を行う。

今年度目標: 日本語能力試験対策、および自動車免許取得のための支援を行う。

<運営面> 参加者の細かいニーズを把握し、適切な教材の選択を行う。

     講師の安定した確保。

     安心して活動が行えるようなコロナウイルス感染防止対策。    

 目標延べ参加人数: 5人


3.生活支援活動

➀ 活動名称:VEC 生活支援プロジェクト

② 実施体制:松尾慎 吉村洋子 他

③ 実施予定期間: 2020年9月~2021年3月 毎週日曜日13時~16時

④ 活動場所: 東京都豊島区高田3-9-9 ケヤキハウス1F

⑤ 目的: ミャンマー出身者の各種申請書記入や手続き等の日本語支援活動を行う。

      また、その他の支援が必要な場合には専門機関への橋渡し等を行う。

➅ 今年度目標: ニーズの把握。関連団体との連携強化。

<運営面> 生活支援活動を開始したことの周知活動を行う。

      スタッフの確保。専門知識を持った支援者の確保。 

⑦ 目標延べ参加人数: 20人


4.ミャンマーの公教育に対する支援プロジェクト

➀ 活動名称: ミャンマー教員 参加型教育ワークショップ

② 実施体制:チョウチョウソー ヌエヌエチョウ 松尾慎 𠮷村洋子 ほか 

       連携団体「NPOミャンマー日本教育のかけはし協会」

③ 施予定期間: 2021年3月

④ 活動場所: ミャンマー ヤンゴン教育大学

⑤ 目的: これからのミャンマーの教育を担うヤンゴン教育大学の学生対象に、ミャンマーの新

      しい参加型教育を考えるワークショップを開催する。

➅ 今年度目標: 最新のミャンマーの教育事情を把握した上で、アクティブラーニングの考え方を

      理解し実践してもらう。

  <運営面> ヤンゴン教育大学との綿密なスケジュール調整を行う。

       参加者のニーズの把握。 参加者の安全面の確保。

⑦ 目標延べ参加人数: 50人


5. 多文化共生に関連する啓蒙・普及活動

➀ 活動名称: VEC 多文化共生プロジェクト

② 実施体制: 松尾慎 チョウチョウソー 加藤丈太郎 𠮷村洋子 ほか

③ 実施予定期間: 2020年10月24日・11月28日・12月12日・2021年3月13日

  計4回実施予定 (随時開催)

④ 活動場所: オンライン

⑤ 目的: 多文化共生に関連するワークショップ等を開催し、幅広い層に啓蒙活動を行う。

➅ 今年度目標: VECの新しい活動として周知広報し、定着を図る。

<運営面> ファシリテーター、講師、運営スタッフの確保。

     オンラインシステムの整備。

⑦ 目標延べ参加人数: 150人