VECの今

プロジェクト

5月22日のテーマ:「料理の食べ方の説明を聞いて理解する」料理にはいろいろな食べ方、飲み方が
あります。「よく混ぜてください」「しょうゆをつけないでください」「皮を
むいてください」「塩をかけてください」などのことばを取り上げました。ま
た、N4レベルの漢字を学習しました。入門グループでは、カタカナの復習や世
界の国の読み方などを学習しました。「○○(国)に行ったことがあります」
「○○に行きたいです」など、楽しく話すことが出来ました。

5月15日の活動テーマ:宮城県国際化協会(MIA)が作ったムスリムの子どもに関する冊子について。学校の給食のかわりにお弁当を作るお母さんの映像を見て、対応を考える。

番組のご紹介

2022年04月05日

VECの副代表理事であるチョウチョウソーさんがNHKで紹介されました。

VECメンバーの活躍

2022年03月31日

最近活動に復帰された矢部紬さんと、以前VECの活動を支えてくれていた横堀ひかるさんの活動が以下のサイトで紹介されました。

文化庁 令和3年度 「生活者としての外国人」のための日本語教育事業地域日本語教育実践プログラム(C) 取組・成果報告

第5回 生涯学習としての日本語 ―難民の定住支援プログラムの実践から―
1月29日(土)、小瀧 雅子 氏(公益社団法人国際日本語普及協会(AJALT)理事)にご登壇いただき、難民の日本語教育についてお話いただきました。難民の方々が日本で新たな人生を切り拓くために、どのような日本語教育が行われているのか、実践例も踏まえて詳しくお話いただきました。また後半では、実際に難民の日本語支援プログラムで実践されている「プロソディー」(詩と歌による学習)を体験するグループワークを行いました。今回のセミナーでは、53名の方にお申込みいただきました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

2021年度第4回VECセミナー「学び合いから始める多文化共生」
「移民は何を想うか ―演劇による共感的理解の体験―」を開催しました

2021年度第3回VECセミナー「学び合いから始める多文化共生」ミャンマーを想う~チョウチョウソーは今、なにを語るか~を開催しました


無料でホームページを作成しよう!